髪型

hair salon guide

縮毛矯正は髪型の後ろ部分に注意をする

いつも縮毛に悩まされている方々が、特に気にしているのが後ろの髪の毛の縮れがどうなっているのかという点です。
前に生えている髪の毛であれば、クリームなどで抑えていたはずの毛の縮れが元に戻ってしまったとしても、鏡を見る事によって直ぐに気付く事が出来ます。
しかし後ろの髪の毛となると、もし縮れが戻っても気付く事が出来ずに、周りに縮れを指摘される可能性に怯えなければいけません。
そういった状況に陥るのを防ぐ為に、縮毛矯正を行ってくれるショップというのは髪型の後ろ部分を特に丁寧に矯正してくれるのです。
雨の日や風が強い日であったとしても、後頭部がどうなっているのか気にせずに自然と街中を歩いていられます。
もし自宅で縮毛矯正を行うつもりであれば、後頭部が見える鏡を使いながら手入れに多くの時間を割く様にしましょう。
それだけで街中を歩いている時の安心感は大違いです。
なるべく後頭部全体の毛のサラサラ感が、統一されている様に矯正する事が好まれます。

縮毛矯正の髪型はストレートだけではない

縮毛矯正の髪型と聞くと、直毛のストレートしかないと思われがちですが、そうではありません。
もともと縮毛矯正というのは、ストレートパーマでも治せないくせ毛までも、ストレートに出来る技術で、全体に使用すると、サラサラの真っ直ぐとしたストレートの髪型になります。
今は、くせ毛の強い部分だけに利用したり、ストレートパーマと併用したり、ナチュラルなストレートヘアが作れます。
パーマと併用することもあり、ユルフワの髪型だって作れます。
ひとりひとりのくせ毛に合わせて上手に利用することで、新たな自分に出会えます。
また、縮毛矯正した部分は、半永久的にストレートなので、くせ毛が強かった方は特に、自宅でヘアセットするときの時間短縮にもなります。
髪が傷むと思われがちですが、パーマやカラーをしていても傷むのには変わりなく、日頃から髪のお手入れをしっかりと行っておけば、傷みはほとんど気にならないでしょう。
痛みを抑えるには、髪をきちんと乾かすのが大事になります。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

Favorite

最終更新日:2018/1/19